「MON-SIEUR BOME COLLECTION 」鬼娘 VOL.1(海洋堂)レビュー

「MON-SIEUR BOME COLLECTION 」
鬼娘 VOL.1


(メーカー:海洋堂)



020_20150315223048e78.jpg



641体目はボーメコレクションVol.1の鬼娘です。

鬼娘は過去に鬼娘Ver.2鬼娘4をレビューしていますが、どれも似ているようで似ていない独特の雰囲気を感じますね。


001_2015031522383562f.jpg

002_20150315223837ba0.jpg

003_20150315223838e17.jpg

004_20150315223840a06.jpg

005_20150315223841ad4.jpg

006_2015031522385023a.jpg

007_20150315223852c67.jpg

008_20150315223853402.jpg

009_2015031522385582d.jpg

010_20150315223856436.jpg

011_20150315223948ce7.jpg

012_201503152239498eb.jpg
ファンタジー色のある甲冑娘が懐かしい!甲冑部分少なめですが…。

020_20150315223048e78.jpg

021_20150315223806e23.jpg

022_20150315223808406.jpg
顔立ちや瞳にも時代を感じますね。

023_20150315223808a30.jpg

017_2015031522451182a.jpg
髪造形に力が入っているのが伝わってきます。

024_20150315224022ae5.jpg
角に血管のような模様が入っています。

013_20150315223951180.jpg

014_2015031522395373a.jpg

015_20150315223954e77.jpg

016_20150315224022f4f.jpg
衣装の塗装は物足りなさを感じますが甲冑や武器などにこだわりを感じます。

037_2015031522471334a.jpg
こん棒が変形しているのは経年劣化のお約束ということで…。

036_2015031522471212c.jpg

027_201503152247103a4.jpg
こん棒の模様や装飾が良いですね。

026_201503152248475ba.jpg

025_20150315224845064.jpg

029_2015031522484711c.jpg

031_20150315224850b22.jpg

030_2015031522484906c.jpg
甲冑の装飾にも時代を感じるこだわりがありますね。

032_20150315224900b49.jpg
岩場の台座と結晶も見映えが良いです。ただ、小さいから倒れやすい…。

042_20150315225201a9e.jpg
虎柄や腰布の柄塗装は手描きのようですね。

045_2015031522520258b.jpg
横太もものボコボコ感が見映えがイマイチです…。

038_201503152254532a6.jpg

039_20150315225455a7d.jpg

040_2015031522545651a.jpg

033_201503152255119f5.jpg

034_201503152255148b7.jpg

035_20150315225514e2f.jpg

047_201503152255160d4.jpg
程よい巨乳感と露出具合が絶妙です。

041_20150315225730d73.jpg
お腹のラインも綺麗ですね。これで肌の塗装が良ければ…。

018_201503152257326c1.jpg

019_201503152257321d4.jpg

043_201503152257348e0.jpg

044_201503152257354df.jpg
お尻が大胆にもほぼ丸出しです。

046_2015031522595755a.jpg
見づらいですが腰布がふんどし的役割になっているようです。

048_20150315230000909.jpg
お尻下部をよく見るとパーツ隙間が…。



評価
    造形:★★★☆☆
    彩色:★★★☆☆
 カッコ良さ:★★★★☆
    色気:★★★☆☆
    総合:★★★☆☆

左右の目の大きさが非対称なのは少し気になりますが、髪の多さに対して顔が小さい辺りは時代を感じる表情です。
髪造形は鬼らしい勇ましさを感じる作り込みだと思います。
衣装の虎柄部分や腰布のシワ造形はそこそこの出来です。
しかし、甲冑やこん棒の造形はかなり細かい所まで作り込まれています。特に肩甲冑と膝の鬼甲冑はカッコイイです。

ポーズにマッチした岩場台座と露出した結晶がカッコ良く、結晶は光の当たり具合で青白く光ります。
ただ、台座がフィギュアの大きさに対して小さいので、ちょっとした振動で倒れそうになります。

髪のグラデはもう少し自然な感じがほしいところです。
肌はほぼ単色なので安っぽく見えます。
虎柄部分に微妙なグラデがありますがあまり目立ちません。腰布のグラデも強引です。

甲冑やこん棒などは造形に見合った塗装が施されていて見映えがカッコイイです。
特に甲冑のテカリ具合や足甲冑のガンメタ感が良いですね。
ただ、よ~く見ると塗装のハミ出しなどの粗はありますが…。

巨乳過ぎない程よいボリューム感のおっぱいが良いですね。乳首の形が浮き出ている点も見逃せません。
おへそやお腹のラインも綺麗です。なので肌がほぼ単色塗装な点が非常に残念です。
お尻がほぼ丸出しなのは良いですが、股間周辺は腰布が邪魔をしてかなり見づらいです。ただ、腰布と太もものパーツ隙間が目立つので見ない方が良いかもしれませんね…。


甲冑娘要素がファンタジー的な懐かしさを感じることのできる鬼娘です。
さすがに現在のメーカー品と比べると見劣りする部分がありますが、発売当時はかなりレベルの高いフィギュアだったことが伺える良フィギュアではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へbutton52.gif

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top