「けいおん」琴吹紬 DXフィギュア 夏期講習(バンプレスト)レビュー

「けいおん」琴吹紬 DXフィギュア 夏期講習
(ゲーセンプライズ)

532体目はプライズ品の紬です。

前回レビューしたと同シリーズのフィギュアとなります。

撮影すると衣装の赤がキツく目がチカチカしたので、赤を抑えて撮影したら全体がぼやけたような色彩の写真になってしまいました…。
背景紙やライティング、カメラの設定など問題を一つ一つ潰していけば綺麗に撮影できるのでしょうが、ほとんど知識のない自分には難しい問題です[壁]ノω-`)ハァー

001_2014101319393030d.jpg

002_2014101319393215a.jpg

003_20141013193933867.jpg

004_201410131939349a5.jpg

005_20141013193944049.jpg

006_201410131939458c9.jpg

007_201410131939478e6.jpg

008_20141013193948537.jpg
フィギュアとしてはそつのない出来なのですが、顔と体の肌色に違いがあるのが気になります。

015_20141013194017629.jpg

016_201410131940198f4.jpg

017_20141013194020732.jpg
表情はとても良いのですが、若干顔色が暗いです。

018_2014101319402282e.jpg
髪のグラデーションは弱めです。

019_20141013194023bd6.jpg
髪飾りの雄しべ部が太すぎて触角っぽくみえる…。

009_20141013194510d3a.jpg

010_20141013194513928.jpg

011_201410131945137d2.jpg

012_2014101319451584d.jpg
スカートのふわりとした感じは出ているようです。

022_20141013194833ed6.jpg
うっすらと鎖骨が浮いていますがメリハリがほしいです。

021_2014101319483240b.jpg
背中のタグの再現は本編を見ていないと分らないのでは…。そもそもこれタグに見えるかなぁ。

020_20141013194830b46.jpg
バッグは花の造形がしっかりしていれば見栄えが良いのですが…。

013_20141013195745cdb.jpg

014_201410131957470c2.jpg

023_20141013195748892.jpg
女性のファッションは分りませんが、こういう靴のときって靴下履くものなの?

027_20141013200016924.jpg

024_20141013200012641.jpg

025_201410132000142dc.jpg

026_20141013200014e77.jpg
尻タブはなかなか良いのですが、パンツの作り込みはありません。



評価
  造形:★★★☆☆
  彩色:★★☆☆☆
 可愛さ:★★★☆☆
  総合:★★★☆☆

表情はとても良いと思うのですが、顔色が体の肌色に比べて暗いのが気になります。衣装が赤いので余計そう感じるのかもしれません。
髪造形は標準的ですが、髪を束ねたゴムが省略されているのと、髪飾りの花造形がダルいのが残念です。
衣装はスカートにシワ造形があり、ふわりとした雰囲気が出ていますが割と標準的です。
背中のタグのネタは覚えている人には良いのですが、忘れている人や知らない人には意味不明です。もう少しタグっぽい造形があればよかったのですが…。
バッグの質感は良いと思いますが、ワンポイントの花造形がダルいです。

髪・肌にグラデがあるのですがかなり弱めなので目立ちません。
衣装がグラデなしのキツめの赤色なので、暗い部分の塗装が目立ってしまいます。

鎖骨が露出している衣装なので、鎖骨の造形にメリハリがほしいところです。
スカートが多少長めなので、前からのパンチラは難しいです。
お尻の肉付きがなかなか良いのですが、パンツ自体の作り込みがないのが残念です。

全体的には安定した出来栄えのフィギュアで、紬らしさもきちんと再現されているのではないでしょうか。

次回は同シリーズの律をレビューします。


ブログランキング・にほんブログ村へbutton52.gif

コメント

  • 2014/10/14 (Tue) 08:39

    起きている現象は「フレア」です。シグマ50mmはリーズナブルなお値段でお買い得に見えますが、コーティングが弱く「至近光源」の影響をモロに受ける欠点があります。私は2ヶ月で手放しました。
    ↓実例
    http://hamakaiji.web.fc2.com/photo/sigma50macro/index.html#backlight

    そのため私がフィギュアレビュー撮影でレギュラー使用するのはすべて逆光耐久コーティングを施したレンズになっています。
    http://www.nikon.co.jp/profile/technology/life/imaging/nano/index.htm
    キヤノンであれば同価格帯の選択肢はタムロン60mmF2くらいでしょうか。
    SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1
    逆光耐性はシグマ50mmを軽く凌駕するうえ、絞り開放がF2と表現の幅も広くなります。解像度はシグマ50mmと比べれば若干落ちますが反対にボケの質は向上します。(ボケと解像を両立するレンズは糞高くて私も持ってません)

    あとはキヤノン純正(ただしコンパクトマクロはダメ)かタムロン90mmしかないですが、お値段はシグマ50mmの2~4倍します。

    あさひわ@Asahiwa.jp #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue) 11:27
    Re: タイトルなし

    >あさひわ@Asahiwa.jp様

    非常に分りやすい解説ありがとうございます。

    初めて購入するマクロレンズということで、価格の割には評判の良いという基準でシグマ50mmを選んだのですが、逆行に弱いレンズだったんですね…。
    検索をしてみると多くの方々が欠点としてレビューしていました。

    タムロン60mmF2は同価格帯とはいえ35000円以上するんですね。
    シグマ50mmよりメリットが多いようなので是非購入したいレンズですが、さすがに安い買い物ではないので考えてしまいます。
    レンズとしては手頃な価格なのかもしれませんが…。

    現状は安いフィルターをつけているのですが、高いフィルターは逆光を減少させるのでしょうか?
    PLフィルターなどメーカー側は減少をうたっていますが、検索してみると効果がないというレビューが多いようですね。

    とはいえ、原因が分ったので環境面だけでも多少なりとも改善したいと思います。
    2~3日に前に光源周辺をいじったので、それが災いして逆光が強まったのかもしれません。

    KDD #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue) 12:27

    シグマ50mmをメインレンズとしながら長年やってるレビューサイトがあります。
    TASTE
    http://taste-toy.info/

    ライトを弱めとし、画像処理の後処理でコントラストを持ち上げてるみたいですね。現像ソフトを使わないjpgからでも薄い写真は持ち上げられます。撮影時でも露出補正をプラスへ振ったり。

    フレアの原因は背景紙からの乱反射だと思いますので、フィギュア本体へ光を集中させるようにすれば良いと思います。

    あさひわ@Asahiwa.jp #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue) 13:32

    返答し忘れ。フィギュアは表面がざらざらしてますので、フラットな瞳部分の写り込みを除けばPLフィルタはほとんど効果ありません。それよりも二段階減光によってカメラのAFセンサーや測光センサーへ負担を与えます。常用すればレンズモーターも虐めます(カプラーモーターあったかな?)。ずっと夜で写してるようなものですから。

    安いプロテクタが画質へ影響するのは、おもに「斜め」からの入射光に対してです。屋外ならともかく、屋内でのフィギュア撮影ではほとんど気にしなくて良いと思います。

    シグマ50mmの欠点は基本的に「写し方」でいくらでも軽減できます。野外での撮影も多い私は面倒なのでどんな条件でも結果を出してくれるレンズへ行きましたが、あるていど高価なレンズを買うと数ヶ月は購入ペースがダウンしますしね……すくなくともシグマ50mmでワンフェスなどのイベントレポは難しいです。それでは。

    あさひわ@asahiwa.jp #- | URL | 編集
  • 2014/10/14 (Tue) 18:44
    Re: タイトルなし

    >>あさひわ@asahiwa.jp様

    TASTE様の画像はとても綺麗な見栄えでした。
    カメラ自体の性能の違いもありますが、同じレンズでも写し方と画像編集でここまで引き出せるのですね。

    PLフィルターはやはり逆光には効果がありませんか。
    安価で少しでもフレアが減少するなら、と思っていましたがそれで解決するなら苦労はありませんよね。

    一応グラデーションペーパーは購入してあるのですが、撮影スペースが狭すぎて使えていません…。
    ですので、暫くは既存の機材・撮影環境で続けていくことになると思いますので、アドバイスを参考にいろいろいじりながら撮影していこうと思います。

    KDD #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top