FC2ブログ

「銀河お嬢様伝説ユナ-FINAL EDITION-」神楽坂優奈 ヴァリアブルアクションフィギュア LIGHT SUIT Ver.Ⅲ(海洋堂)レビュー

「銀河お嬢様伝説ユナ-FINAL EDITION-」
神楽坂優奈
ヴァリアブルアクションフィギュア
LIGHT SUIT Ver.Ⅲ

(メーカー:海洋堂)


052_2018062804111578d.jpg


1675体目は海洋堂製のユナです。

銀嬢伝ユナは明貴美加先生のオリジナル作品でゲーム・CD・アニメ・ラジオと幅広いメディアミックス展開をした人気作品です。

ガンダムファンにはメカニックデザインとして明貴先生の名は広く知られているのではないでしょうか(-`ω´-)MSショウジョトカモネ

かくいう自分もユナのゲームがプレイしたくて友人からPCエンジンを売ってもらったりPCFXを新品で買ったりとかなりハマっていました。

もちろんドラマCD・アニメDVD・設定集など今も保管してありますよ(´・ω・`)ナツカシイオモイデ

メーカーから発売されているユナのスケールフィギュアは恐らくこれだけではないでしょうか。
カラバリ?として色無しのクリアとクリアブラックが発売されたようですよ(-ω-;)クリアッテヒツヨウ?


001_20180628041127ec2.jpg

002_20180628041129216.jpg

003_201806280411332c1.jpg

004_2018062804113173d.jpg

005_20180628041133be6.jpg

006_2018062804113559b.jpg
台座の無いフィギュアですがポニテが重くて自立は不可能です…。
ポニテの重みでどうしても顔が上向きになってしまいます…。

007_20180628041136123.jpg
両腕の付け替えパーツでガンとソードを持たせることも可能です。

008_201806280411394ba.jpg

009_201806280411391b9.jpg
010_20180628041143b49.jpg

011_20180628043015fc4.jpg

012_201806280430169e1.jpg

013_20180628043019844.jpg
材質が現在のフィギュアとは違っていて軟化製の高いプラスチック?
表現が難しいですがぎっしり詰まったソフビ?という感じでしょうか??

022_20180628043021a03.jpg
アクションフィギュアということで首や腕がある程度可動します。

023_20180628043022d57.jpg

024_20180628043023d04.jpg

025_201806280430253f5.jpg
表情はぶっちゃけ似ていませんね…可愛らしさの再現度が低いです…。

026_20180628043027f72.jpg

017_20180628043019a24.jpg
後ろ髪の広がりやグラデは悪くないのですが前髪のダルさは残念仕様です…。

014_20180628043631ccb.jpg

015_20180628043633a40.jpg

016_2018062804363677f.jpg

038_2018062804363651b.jpg

039_20180628043638306.jpg
基本的な塗装は単色ですが海洋堂らしいしっかりとした塗装だと思います。

027_201806280437427dc.jpg

028_20180628043743f8e.jpg

040_201806280437486d1.jpg

041_201806280437515cb.jpg

029_201806280437443c6.jpg

030_20180628043746e83.jpg

042_20180628043751872.jpg

043_20180628043752b4f.jpg

021_20180628044058b14.jpg
バトルスーツの造形も当時としてはなかなかの出来だったのではないでしょうか。

020_201806280440570a6.jpg

031_201806280441018eb.jpg
武器に特別な作り込みは感じませんがポイントはおさえていると思います。

032_2018062804410175a.jpg

033_201806280441031cc.jpg
肘・膝アーマーやソードのグラデが全体的な見映えの引き締めになっています。

037_20180628044228eff.jpg
肌が安っぽい塗料の単色なので露出部分の色気は抑え気味です…。

034_201806280442229fe.jpg

035_201806280442257d4.jpg

036_201806280442257a8.jpg
意外と胸があるのかな!と思わせておきながらの…

044_20180628044228441.jpg
アーマーによる上げ底ですよww

018_20180628044509b45.jpg

019_20180628044511984.jpg

045_20180628044513d10.jpg

046_20180628044514948.jpg

047_2018062804451575f.jpg

048_20180628044518633.jpg

049_2018062804451844d.jpg

050_20180628044520dd8.jpg
お尻方面の造形がなかなかですね。特に尻タブの肉質感が良いです♪

051_201806280445214e4.jpg
おまけ?で英知のエルナーが付いていますが使い道がありません…。



評価
    造形:★★☆☆☆
    塗装:★★★☆☆
   可愛さ:★★☆☆☆
 カッコ良さ:★★★★☆
    総合:★★★☆☆

発売された時期が明確ではありませんが恐らく1998年前後ではないでしょうか。
そう考えるとこの造形、特にバトルスーツの造形は決して悪い出来ではないと思います。

グラデの箇所が少ないのですが配色や造形も手伝って極端な安っぽさは感じにくいと思います。
残念なのが台座が無い仕様なので自立しない点とポニテが重過ぎて視線が定まらない点でしょうか。

胸はアーマーの隙間・厚みでちょっと大きめに感じますねw
スーツとはいえなかなかのハイレグ具合で尻タブの肉質感も悪くありません。



現在のフィギュアと見比べてしまうと当然のように出来はイマイチに感じますが、海洋堂らしいきちんとした作りはユナファンにとって貴重な一品だったのではないでしょうか。

ちなみに…このフィギュアは定価が約3千円なのですが中古相場が5~6千円と微プレ値になっていますw

ama3.jpgsuru2_20160902015502163.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメント

  • 2018/06/29 (Fri) 02:17
    No title

    尻周りの造形を見ればわかる

    その辺に注がれる造型師の情熱は時代を経ても変わらんということを・・・

    ごはん #- | URL | 編集
  • 2018/06/29 (Fri) 03:46
    Re: No title

    >ごはんさん

    いつの時代も美少女フィギュアに求めるものは変わらず永遠ですねw

    KDD #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top