「ドラゴンボール」ブルマ SCultures BIG 造形天下一武道会4 其之七(バンプレスト)レビュー

「ドラゴンボール」
ブルマ
SCultures BIG 造形天下一武道会4 其之七

(プライズ:バンプレスト)


049_2018020903053614d.jpg


1540体目はプライズ品のブルマです。

前回レビューしたパンと同シリーズのフィギュアとなります。


001_201802090305514fe.jpg

002_20180209030553192.jpg

003_201802090305561b2.jpg

004_20180209030556aa0.jpg

005_201802090305584b9.jpg

006_20180209030559369.jpg

007_20180209030600856.jpg

008_20180209030601644.jpg

009_20180209030604ab5.jpg

010_20180209030605792.jpg

011_201802090308000fd.jpg

012_20180209030802ca2.jpg
単行本の表紙、そしてアニメのエンディングにもなったブルマですね。

023_201802090308062b6.jpg
全長は20cm強で1/7スケール程度でしょうか。

024_20180209030805513.jpg

025_2018020903080758d.jpg

026_20180209030808270.jpg
若干頭部が大きく丸めなのでスマートさに欠けています…。

027_20180209030809767.jpg

028_20180209030811bb6.jpg
髪にグラデはありませんが細かい造形になっています。

013_20180209031136f58.jpg

014_20180209031138839.jpg

015_201802090311380cc.jpg

016_20180209031142480.jpg

017_20180209031141193.jpg

018_20180209031142675.jpg
衣装や肌もグラデなしですが細かな塗装がフォローになっています。

029_20180209031232efa.jpg

030_20180209031234d3f.jpg

031_20180209031235a32.jpg

032_20180209031237edf.jpg

019_20180209031226fa8.jpg

020_201802090312282f5.jpg

021_201802090312291c6.jpg

022_2018020903123100d.jpg
塗装もさることながら造形もかなり細かく作られています。
衣装のシワ造形もハイレベルです。

033_20180209031503c12.jpg

034_20180209031505e21.jpg

035_201802090315079c6.jpg
細部にこだわった造形が目を引くフィギュアになっています。

036_20180209031510e2d.jpg
銃のガンメタリックが弱めなのが残念です…。

037_201802090315107d3.jpg

038_20180209031511cd8.jpg

039_20180209031512838.jpg

041_201802090315140c9.jpg

042_201802090315155ae.jpg
ぱっつんぱっつんの胸は改めてブルマが巨乳であったことを認識させられます。

043_201802090315178bf.jpg
このワキのチラ見せ感にほのかな色気が漂います。

040_2018020903184633f.jpg

044_201802090318485d4.jpg

045_20180209031850132.jpg

046_20180209031851c99.jpg
尻タブの肉質感をグラデでフォローしてほしかったですね…。



評価
 造形:★★★★☆
 塗装:★★★★☆
 色気:★★★★☆
 総合:★★★★☆

プライズ品でここまで細かな造形であれば★5を付けたいところなのですが基絵を見てしまうと頭部の大きさが気になってしまいます。

塗装も細かに施されているのですがグラデがないので造形を十分に生かしきれているとは言いがたいです。
特に材質色そのままの肌はわりと目立ちます。

胸・ワキチラ・尻タブなどラフな格好ならではの色気が漂っていますね。



頭部の大きさとグラデの乏しさで損をしてしまっている印象を受けますがプライズ品なので多くを望むのは無理難題ですね。
それを差し引いてもかなりハイレベルなプライズ品に仕上がっているのではないでしょうか。

中古相場もかなり高騰しているので今から入手するのは困難かも…。

次回は同シリーズの人造人間18号をレビューします。

ama3.jpgsuru2_20160902015502163.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメント

  • 2018/02/09 (Fri) 18:10
    No title

    造形天下一シリーズでも、この4のクオリティが一番良かったかもw
    この後から、徐々に似てないとか、造形面での問題が出てくるのですが…w
    オラは、このシリーズは全種集めてますが、ここまで女性キャラが良かったのは無いですねw

    ランチさん、アラレちゃん、パンちゃん、ブルマさん、全てプライズの決定版と言えるかもしれません。
    特に、鶴ひろみさんの訃報があった、ブルマさんの出来は間違いなく決定版だと思います。

    初期の頃の造形天下一は、塗りのクオリティが良く、グラデ・シャドウ吹きアリの素晴らしい物だったんですが、3の頃辺りから単色塗り・成型色仕上げという、今の形のプライズになってしまったんですよねぇw
    造形レベルが凄く良くなっているので、塗りのクオリティも以前の様なレベルに戻って欲しいものです…w

    HEROtan #- | URL | 編集
  • 2018/02/10 (Sat) 04:26
    Re: No title

    >HEROtanさん

    水谷優子さんや鶴ひろみさんなど馴染み深い声優さんの訃報が残念ながら続いてしまっているので彼女達が演じたキャラのフィギュアも考え深いものに感じてしまいますね。

    この頃はどれもクオリティが高かったのでゲーセン側も人気が出そうなのを予測してか設定がキツく苦労した覚えがあります。

    プライズ品なので多くを望んではいけないのかもしれませんがやはり良造形に見合った塗装を望んでしまいますね。

    KDD #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top