「パズル&ドラゴンズ」薔薇戦姫・グレイスヴァルキリー フィギュアコレクション Vol.4(エイコー)レビュー

「パズル&ドラゴンズ」
薔薇戦姫・グレイスヴァルキリー
フィギュアコレクション Vol.4

(プライズ:エイコー)


048_20171011041103e94.jpg


1428体目はプライズ品の薔薇グレイスヴァルキリーです。

前回レビューしたアテナと同シリーズのフィギュアとなります。

結局カラバリフィギュアは1回でまとめてレビューするのではなく個別にレビューすることにしました。

このシリーズはカラバリとはいってもクオリティが高めなのでまとめてレビューするには勿体無い出来なんですよねぇ(´・ω・`)ゾウケイハオナジデスガ…

ただ連続でレビューすると飽きてしまうので間に違うキャラを入れつつカラバリのレビューを進めます。
なのでVol.○という連番がバラバラになってしまうのは気にしないで下さい(・ω・`)スルー

あとカラバリの造形面に対するコメントはほぼ省略すると思います(-`ω´-)キホンオナジダシネ


001_2017101104111536b.jpg

002_20171011041118094.jpg

003_2017101104112296e.jpg

004_20171011041120522.jpg

005_201710110411210a3.jpg

006_201710110411240dd.jpg

007_20171011041124f7f.jpg

008_20171011041125ca9.jpg

009_20171011041127cbf.jpg

010_2017101104112901a.jpg

011_2017101104225072b.jpg

012_20171011042252746.jpg
アテナ同様にスケールは小さめですがボリューム感のあるフィギュアです。

021_2017101104225520a.jpg
全長は約16.5cmで1/11スケール程度でしょうか。

022_20171011042256c79.jpg

023_20171011042258ec1.jpg

024_20171011042259008.jpg
表情はなかなか良いですね。
ただ元絵を見ると鼻が簡略的に表現されているので鼻造形に違和感が?

025_2017101104230198d.jpg

026_20171011042302c0c.jpg
前髪造形のダルさと単色塗装が安っぽく感じます…。

020_20171011042253387.jpg
流れる後ろ髪造形がボリューム感の演出になっています。

013_20171011042952da2.jpg

014_2017101104295482f.jpg

015_20171011042955542.jpg

016_20171011042957f6d.jpg

017_2017101104295854b.jpg

018_20171011043000f95.jpg
グラデはありませんが塗装の細かさでのっぺり感を感じさせません。

028_2017101104304559a.jpg

029_20171011043046ba8.jpg

030_201710110430493a2.jpg

031_20171011043049f80.jpg

032_201710110430504d4.jpg

033_20171011043052d36.jpg

034_20171011043053965.jpg

035_201710110430556b2.jpg
造形面もなかなか頑張っているのではないでしょうか。
両手に構えた剣と腰の羽?が全体的なボリューム感を担っています。

027_20171011043243a15.jpg

039_20171011043248425.jpg

047_201710110432519c5.jpg

038_2017101104325081c.jpg

037_20171011043245bde.jpg

036_20171011043246e0e.jpg
とにかく武具等の金・銀・メタリック塗装が安っぽさを感じさせません。
ただ盾の鷲?は白なので金・銀塗装に対して安っぽさが映えてしまいます…。

042_2017101104380761d.jpg

041_20171011043805531.jpg

043_20171011043808f88.jpg
胸はなかなかのサイズ感ですね。肩とワキの露出がお色気ポイントです。

044_20171011043809e4c.jpg
ワキ部分のパーティングラインが色気を阻害しています…。

019_20171011043803def.jpg

045_201710110438116f3.jpg

046_20171011043812d74.jpg
パンツに作り込みがないのでただの黒いパーツになっています…。



評価
    造形:★★★★☆
    塗装:★★★☆☆
 カッコ良さ:★★★★☆
    総合:★★★★☆

造形・塗装ともにとにかく武具系に力を入れたことが伺える仕上がりになっています。
プライズレベルでこの細かさはなかなかのレベルではないでしょうか。

近くで見ると細かい塗装に粗がありますがそれはプライズ品ならではのご愛嬌ということでw

せっかくの肌露出部分が単色なので色気という意味ではイマイチになっています。
ワキも大事なお色気ポイントなのでパーティングラインに気を配ってほしかったです。

タイトスカートとニーソによる絶対領域は良いのですがパンツ方面も頑張ってほしかったですね。



プライズ品なので詰めの甘さは多々ありますがこの仕上がりであれば十分良作になっているのではないでしょうか。

次回は同シリーズの現世の赤龍喚士・ソニアをレビューします。

ama3.jpgsuru2_20160902015502163.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメント

  • 2017/10/12 (Thu) 19:07
    No title

    カラバリレビュースタート乙ですw
    エイコーさんのこのシリーズは、造形・塗装とも比較的に安定しているので、安心して獲っていました。
    ただ一度だけ、メタトロン(黒)の持っている羽ペンが折れていたので、初めてメーカーさんのお世話になった事が、記憶に新しいです。
    それだけ造形がシャープで繊細なので、ゴトンした時の衝撃が怖いシリーズですねw

    あと、塗りの丁寧さ。
    フィギュアの装飾が細かいのに、非常に丁寧な塗りを評価しています。
    ゴールドの種類もあって、キャラによって数色のゴールドを使われているので、非常に見た目が良いのも、エイコーさんのプライズの特徴ですね。

    まぁ、結局カラバリ地獄だけは勘弁してください、という事なんですが…w
    あと、何気に横幅を取るフィギュアがほとんどなので、飾るのが結構大変なシリーズですw(オラはグレイスヴァルキリーシリーズ全部は、さすがに飾れてない件…w)

    HEROtan #- | URL | 編集
  • 2017/10/13 (Fri) 04:01
    Re: No title

    >HEROtanさん

    実はVol.2のアテナは片足がポッキリ折れていたんですよ…。
    慌てて瞬間接着剤でくっ付けてからレビューしましたw

    今のところ他のフィギュアは問題無いようですが梱包的に完璧というわけではないので開封したら折れているものがあるかも?


    ボリューム感があると見映えが良い反面飾るときのスペース圧迫が難点ですよね。
    ゲームイラストの方向性なのかほとんどのキャラが横長にデザインされていますのでフルコンプで飾れる猛者はなかなかいないのではないでしょうか。

    KDD #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top