「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」四条貴音 SQフィギュア ~スターピースメモリーズ~(バンプレスト)レビュー

「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」
四条貴音
SQフィギュア ~スターピースメモリーズ~

(プライズ:バンプレスト)


050_20170504092404136.jpg


1311体目はプライズ品の貴音です。

前回レビューしたと同シリーズのフィギュアとなります。


001_2017050409255934d.jpg

002_20170504092602f7f.jpg

003_20170504092602c20.jpg

004_20170504092603202.jpg

005_20170504092605157.jpg

006_201705040926068df.jpg

007_2017050409260866b.jpg

008_201705040926091c7.jpg

009_20170504092611901.jpg

010_20170504092612022.jpg

011_20170504092647f23.jpg

012_201705040926490c8.jpg
デコマス画像より顔の角度が上を向いているのが気になります…。
上向きなのでライトの光がアイプリントに反射しやすいです…。

021_20170504092652a7d.jpg
全長は約19.5cmで1/9スケール程度でしょうか。

022_20170504092653a13.jpg

023_20170504092655f2d.jpg

024_20170504092656923.jpg
髪ののっぺり感が表情に影響してしまっています…。

025_20170504092658c10.jpg

026_20170504092659dda.jpg

013_20170504092650143.jpg

027_201705040927013d9.jpg
前髪造形がダルく髪のグラデが色合い的にのっぺりした印象です…。
とはいえ、毛先の躍動感ある造形は良いと思います。

014_20170504093020da4.jpg

015_201705040930226c4.jpg

016_201705040930238a0.jpg

017_20170504093025f08.jpg

018_20170504093026c1f.jpg
衣装にグラデがないのは他のキャラと同じです…。

028_2017050409343097b.jpg

029_2017050409343134b.jpg

030_201705040934335b9.jpg

031_20170504093435b33.jpg

032_2017050409343703c.jpg

033_20170504093438f6d.jpg

034_201705040934398c9.jpg

035_20170504093441585.jpg
衣装造形も他のキャラと大差はありません。
強いて言えばボタンの金塗装が雑ですねw

036_20170504093442e09.jpg
他のキャラに比べて金塗装が黄土色っぽいです…。
良く言えば落ち着きや重厚感がありますがやはり質が落ちたように見えるかも…。

038_20170504093612ba5.jpg
マイクは接着されています。
いままでは爪造形が省略されていましたが貴音は爪造形があります。

037_20170504093610086.jpg
鎖骨造形がダルいです…。

039_20170504093613c5d.jpg

040_20170504093615917.jpg

044_201705040936175b2.jpg

045_201705040936183e7.jpg
衣装のデザインやもみあげで胸がちょっと目立ちにくくなっています…。

019_20170504094123d66.jpg

020_20170504094125f7d.jpg

041_2017050409412791c.jpg

042_201705040941287f4.jpg

043_20170504094129aa4.jpg

046_20170504094130fd3.jpg

047_20170504094132681.jpg

048_20170504094133601.jpg
パンツ造形が簡易的になっています…。
トータルスタイルを考えるとお尻や太ももにもっと肉付きがほしいです…。



評価
  造形:★★☆☆☆
  塗装:★★☆☆☆
 可愛さ:★★☆☆☆
  総合:★★☆☆☆

髪の躍動感や爪造形などは評価できるのですが、前髪のダルさ・顔の角度・お尻周辺の簡易的な肉質感などがイマイチなのでトータル的には標準より劣っているように感じてしまう造形です。

髪にグラデはあるのですがどうしても色合い的に目立ちにくく、白すぎてぼやけてしまうこともあり全体的に安っぽく見えがちです。
金塗装の黄土色感は髪の白っぽさを配慮してのことかもしれませんね。

なかなかボリュームのある胸を持っているのですがデザイン的に主張しないのが勿体無いです。
いままでのキャラはパンツ造形やお尻・尻タブの肉質感が良い出来だったのですが、貴音は一変してイマイチな造形になり色気が弱体化しています…。

素晴らしいヒップサイズから公式の通称である「お姫ちん」を文字って「お尻ちん」とも呼ばれているので、このフィギュアのヒップサイズやパンツ造形には正直ガッカリしました…。



貴音はとても特長や個性があるキャラだけに、それらを再現しきれていないのを強く感じてしまう仕上がりになっているのが残念です。

次回は同シリーズの三浦あずさをレビューします。

ama3.jpgsuru2_20160902015502163.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top