「ラブライブ! The School Idol Movie」絢瀬絵里 プレミアムフィギュア (一番くじプレミアム: B賞)レビュー

「ラブライブ! The School Idol Movie」
絢瀬絵里
プレミアムフィギュア

(一番くじプレミアム: B賞)


045_20170212215354c82.jpg


1246体目は一番くじプレミアムの絵里です。

前回レビューした穂乃果と同シリーズのフィギュアとなります。


001_20170212215607ec6.jpg

002_20170212215609406.jpg

003_201702122156108e4.jpg

004_20170212215611ada.jpg

005_20170212215613239.jpg

006_20170212215614a42.jpg

007_20170212215615a7e.jpg

008_20170212215617d2f.jpg

009_20170212215618c21.jpg

010_20170212215620018.jpg

011_20170212215656173.jpg

012_2017021221565798d.jpg
個体差なのかデコマスより顔の角度が上を向いているのが気になります…。

021_20170212215701711.jpg
高さは約16.5cmで1/10スケール程度でしょうか。

022_20170212215702303.jpg

023_20170212215703520.jpg

024_20170212215705baa.jpg
表情は元絵に近い表現になっています。
若干違和感があるのはいつもと違う髪型だからでしょうか?

025_20170212215706710.jpg

018_20170212215659e18.jpg

026_20170212215708155.jpg
後ろ髪の広がった造形が良いですね。
ただ、グラデの弱さと塗装の安っぽい質感が残念に感じます…。

013_20170212220247a58.jpg

014_20170212220249c28.jpg

015_2017021222025163b.jpg

016_20170212220251248.jpg

017_201702122202537aa.jpg
衣装の一部のみグラデがありますが基本的にはグラデはありません…。

027_201702122204047f4.jpg

028_201702122204067a6.jpg

029_201702122204084fc.jpg

030_20170212220409448.jpg

031_20170212220410e71.jpg

032_20170212220411aa8.jpg

033_201702122204134eb.jpg
衣装造形はちょっと大人しめなので物足りなく感じるかもしれません…。

034_2017021222055487a.jpg

035_20170212220557fc4.jpg
衣装の一部にパール塗装や金塗装が施されています。
当然共通の扇子は金塗装です。

037_20170212220559e72.jpg

036_20170212220559e43.jpg
袖や帯の色鮮やかな塗装・プリントが衣装に映えます。

039_20170212220602ee5.jpg
ネイル塗装はなにげにパール塗装?光沢があるだけ?

038_20170212220600f69.jpg
しっぽ?にもグラデがあるのですがかなり弱いので全然主張していません…。

040_20170212221042133.jpg
和服は胸の大きさを殺しがちなのが残念ですね…。

019_20170212221049f94.jpg

020_20170212221051269.jpg
ダボが小さく片足のみで支えているので経年劣化が心配です…。

041_20170212221043940.jpg

042_20170212221045773.jpg

043_20170212221046acc.jpg

044_201702122210488d7.jpg
パンツの造形や塗装はちょっと物足りないですね。
ただ、穂乃果のパンツに比べたら十分な色気は感じられます。



評価
  造形:★★★★☆
  塗装:★★★☆☆
 可愛さ:★★★☆☆
  総合:★★★☆☆

ダボの弱さに不満がありますが造形的には躍動感もあってなかなかまとまった作りになっていると思います。
残念なのが個体差だと思われる顔の角度でもう少し下を向いてほしいです。

塗装面は一番くじらしい塗料の質感とグラデの少なさは健在ですね。
とはいえ、ポイントポイントの鮮やかな塗装・プリントは見映えが良いです。

せっかくの巨乳を生かせない和服なのと胸元の露出もないのが残念です。
パンツとお尻の密着感や太もものむちむち感は悪くないのですがパンツの単色感は色気を抑えてしまっています。



一番くじフィギュアとしては無難でそこそこの仕上がりにまとまっているのではないでしょうか。

次回は同シリーズの南ことりをレビューします。

ama3.jpgsuru2_20160902015502163.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へbutton52.gif

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top