「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」司波深雪 ハイグレードフィギュア(セガ)レビュー

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」
司波深雪
ハイグレードフィギュア

(プライズ:セガ)


047_2016080902430905c.jpg


1084体目はプライズ品の深雪です。

前回レビューした雪菜と同シリーズのフィギュアとなります。


002_201608090244372e8.jpg

003_20160809024438142.jpg

004_20160809024440858.jpg

005_20160809024441a6a.jpg

006_20160809024443cf1.jpg

007_2016080902445048b.jpg

008_20160809024451715.jpg

009_201608090244539bb.jpg

010_20160809024454cd4.jpg

011_20160809024457a4b.jpg

012_20160809024526f88.jpg

013_20160809024528ae9.jpg
ポーズとしてはシンプルですが髪・ネクタイ・マント?に躍動感があります。

024_201608090245302da.jpg
高さは17cm弱といったところです。

025_20160809024555465.jpg

026_20160809024555227.jpg

027_20160809024556734.jpg
顔輪郭の丸さと鼻の高さが微妙に気になります…。

028_20160809024559414.jpg

020_20160809024559b24.jpg
髪の造形やグラデはそこそこといった感じです。

014_20160809025406725.jpg

015_2016080902540810c.jpg

016_20160809025409639.jpg

017_20160809025528806.jpg

018_20160809025530e10.jpg

019_20160809025531552.jpg
体のラインが出やすい衣装を生かすためにもメリハリのあるグラデがほしいところです…。

029_20160809025554413.jpg

030_201608090255563c9.jpg

031_20160809025558034.jpg

032_2016080902555979a.jpg

033_20160809025950639.jpg

034_201608090259513de.jpg

035_201608090259530cf.jpg

036_20160809025954511.jpg
衣装造形は標準的で悪くないのですが単色塗装なので安っぽく見えがちです…。

021_20160809030132778.jpg

037_20160809030134257.jpg
マント?の柄プリントはプライズなので安っぽいですがクリア感はなかなかです。

038_2016080903013560b.jpg
リボンの塗装が粗いですね…。

039_2016080903013643e.jpg
爪は省略されています…。

040_2016080903013831c.jpg
汎用型CADは造形・塗装ともに雑です…。

041_2016080903151179e.jpg

042_2016080903151317a.jpg
スレンダーながらこの胸のボリューム感は素晴らしいですね。

022_2016080903151610b.jpg

023_20160809031517e61.jpg

043_201608090315147b2.jpg
さすがにこれだけガードが固いとパンツは確認できません…。
というかそもそも造形されていない可能性が…。



評価
  造形:★★★☆☆
  塗装:★★★☆☆
 可愛さ:★★☆☆☆
  総合:★★★☆☆

顔輪郭の丸さと鼻の高さで表情に違和感がありますが、シンプルな躍動感に深雪らしさを感じる造形だと思います。

グラデは髪のみなのでプライズらしい安っぽさがあります。
ただ、白い衣装のシワ造形はそれなりに分かりやすいので極端なのっぺり感は感じないかもしれません。

体のラインが出やすい衣装なので細身ながらメリハリのあるスタイルが魅力になっています。
とはいえ、パンツが鑑賞できないのは寂しいですねw



多少表情に難がありますがシンプルさを生かしたフィギュアではないでしょうか。



このシリーズの総評としましては、造形・塗装ともに中途半端感があります。
格闘ゲームとうこともあって躍動感やボリューム感に経費を使った代償なのでしょうか?

それと飾る側の都合を考慮していない感が否めません。
無駄にデカイ武器や翼などはボリュームがある反面スペースの圧迫があります。なるべく台座内に収めてほしいですねw

スケールサイズに統一感がないのも飾る側からするとなにげに厄介です。

044_2016080903171777a.jpg


明らかに智花が大きいので並べると違和感が…
アスナと桐乃のスケール感もやはり違っていますね…。

格ゲーなので当たり判定などを考慮するとゲーム的なスケール感は仕方ないことなのですが、フィギュアではきちんと統一してほしいところです。

この中途半端感に多くの人達が早い段階で気が付いたようで、シリーズ第3段目辺りにはどこのゲーセンでも在庫過多気味になっていました。
そりゃーゲーセン側もシリーズ後半は発注を抑えたり発注しなかったりといった対処しますよねぇ…。


ブログランキング・にほんブログ村へbutton52.gif

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top