「映画 けいおん!」中野梓 DXFフィギュア~HTT-GRAY-STYLE~紬&梓(バンプレスト)レビュー

「映画 けいおん!」
中野梓
DXFフィギュア~HTT-GRAY-STYLE~紬&梓

(プライズ:バンプレスト)


002_20160709214734946.jpg


1062体目はプライズ品の梓です。

前回レビューしたと同シリーズのフィギュアとなります。


004_20160709214909240.jpg

005_20160709214911e16.jpg

006_2016070921491265f.jpg

007_20160709214913d3d.jpg

008_20160709214914f9b.jpg

009_201607092149221b9.jpg

010_20160709214923b1c.jpg

011_2016070921492543e.jpg

012_20160709214926915.jpg

013_2016070921492822b.jpg

014_20160709214958be5.jpg

015_20160709215000b6b.jpg
梓は2回目ということもあって正面ではなく横向きの見返りスタイルです。

025_2016070921500176c.jpg
高さは16.5cm弱といったところでしょうか。

026_20160709215205011.jpg

027_20160709215206a5f.jpg

028_20160709215208d54.jpg
見返りポーズという効果もあってか可愛らしさが強調されたかのようです。
ただ、口が無塗装なのが残念です…。

029_201607092152099bc.jpg

030_201607092152118a3.jpg

024_20160709215248379.jpg
ツインテに振り返りの躍動感がありますが髪にグラデがないのでのっぺりして見えます…。

016_201607092152499d5.jpg

017_20160709215251a36.jpg

018_20160709215252fbd.jpg

019_201607092155058da.jpg

020_2016070921550710e.jpg

021_2016070921550878a.jpg
カーディガンのグラデがそこそこ分かりやすいです。

031_201607092155273bd.jpg

032_201607092155282ba.jpg

033_201607092155306e3.jpg

034_20160709215531e29.jpg
衣装のシワ造形はわりと簡易的かもしれません…。

035_20160709215617d42.jpg

036_201607092156187cf.jpg

037_20160709215620588.jpg

038_20160709215621b08.jpg
スカートの柄プリントや造形は近くで見ない限り問題なさそうです。

040_20160709215711028.jpg
シリーズ通して腕章の塗装はダルいです…。

039_20160709215623cbe.jpg
横向きなので後ろに組まれた手のネイル塗装はそこそこ目立ちます。
ただ、指の造形にメリハリがないのでくちゃくちゃした感じが…。

041_20160709215712f67.jpg
台座は紬と同柄のビッグベンです。

042_201607092157143b7.jpg

043_201607092157158a5.jpg
胸を突き出しているポーズのせいかほのかな膨らみがw

022_201607092200323ae.jpg

023_20160709220033d2a.jpg
靴下や靴はシリーズ通してほぼ同等でしたが、膝・膝裏に造形がないのも通さなくても…。

044_20160709220326e59.jpg

045_20160709220327f08.jpg

046_201607092203300f9.jpg

047_20160709220330939.jpg
パンツやお尻に作り込みがないのもシリーズ通しての残念さが…。



評価
  造形:★★★☆☆
  塗装:★★★☆☆
 可愛さ:★★★★☆
  総合:★★★☆☆

ツインテに躍動感がありますが位置的にさほど目立たないのが難点です。
とはいえ、見返り美人的な雰囲気がまた梓の可愛らしさを引き立てているように感じる造形です。

髪にグラデがないと安っぽく見えがちですが、カーディガンのグラデは多少分かりやすくなっているので極端なのっぺり感は回避されています。

梓なりの胸の膨らみが微笑ましいですw
パンツやお尻に作り込みがないのは、もはやシリーズとして眼中になかったんでしょうね。



他のキャラと違ってあえて横向きという目新しさを出した点は分かりますし、それによって引き出される可愛らしさも評価できます。

ただ、統一感としては枠から逸脱してしまうので、人によっては1体目の梓だけで十分と認識されてしまうかもしれません。



このシリーズの総評としましては、シンプルなポーズですがどのキャラの可愛らしく安定したクオリティに仕上がっているのではないでしょうか。

台座の長方形というコンパクトさは、全キャラ並べやすいという飾り手のスペース問題を緩和するような心遣いがあり評価できます。

残念なのは膝・膝裏の造形が簡略的なのでミニスカ・生足の魅力が生かされていない点です。
パンツやお尻に作り込みがないのはプライズなので仕方ありませんが、せめてイメージカラーと同じパンツの色というサプライズくらいはほしかったですね。


ブログランキング・にほんブログ村へbutton52.gif

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top